2016年09月19日

吉野家の松茸牛丼


期間限定で発売の松茸牛丼を食べに吉野家へ行ってきました。
なにも松茸と牛丼を一緒にすることないのにと思いながら。

店頭で松茸牛丼押し

IMG_1654.jpg

1日20〜30食限定らしい。


松茸牛丼セットを注文

IMG_1641.jpg

牛丼だと注文してから30秒程でサーブされるが、松茸牛丼は5分程かかりました。


松茸牛丼到着

IMG_1644.jpg

あれ?写真では松茸5枚なのに実際は3枚?

IMG_1646.jpg

うーん、間にはさまったカサなしのちいさい切れっ端をカウントすれば5枚だが・・・


もう一度検証してみましょう。

見本

img_matsutake_gyudon_560.jpg

現物

IMG_1646.jpg

やっぱり違う!!小心者だから文句は言わないが!!


当然薄い

IMG_1651.jpg

まっ、こんなモノでしょう。
お味は松茸だけで食べると「あら?ちょっと松茸?」って感じ。
牛丼の方が濃い味なので一緒に食べると松茸の存在はさっぱりわかりません。

松茸牛丼セット 730円でございました。


吉野家のプレスニュース

「松茸牛丼」は、秋の味覚の代表である“松茸”を 牛丼のタレで煮て、牛丼の上に盛りつけた商品になります。
吉野家がまだ、築地市場にしか店がなかった頃、市場で松茸の初セリがあった際に、販売していたことがありました。長年「築地一号店」をご愛顧いただいた感謝の意を込めて今年、五十数年振りに復活しました。

松茸の芳醇な香りと食感は牛丼との相性も抜群で、 一層深みのある味わいとなっております。
商品は 9 月 15 日(木)より期間限定、毎日 11 時 30 分 からの食数限定での販売とさせていただきます。 (店舗毎の毎日の販売予定数に達した時点で販売終了 とさせていただきます。)

実り多き秋に再現された吉野家の「松茸牛丼」をこの機会にどうぞご賞味ください。

https://www.yoshinoya.com/_static/page/html/news/2016/pdf/160908.pdf
タグ:牛丼 吉野家
posted by yuji at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

TBSラジオ「たまむすび」のグッズ



TBSラジオ「たまむすび」のグッズ紹介です。

月曜日「竹山ガム買ってきて」のグッズ「サイン入りパッチンガム」

takegum.jpg

このコーナーはオリジナル曲の放送電話で出演まさかのスタジオから出演と合わせて3回参加しましたが、ノベルティグッズは1個しか頂けませんでした。


歴代のステッカー

tama954.jpg

番組にメールが参加されると頂けるステッカー。
最初は大きかったよね、まだ月曜日はビビる大木さん。金曜日は小林悠さんと安藤アナの2バージョン。

火曜は都合で聴けないのでいまだステッカーなし・・・
火曜が揃えばたまTがもらえるのに・・・
posted by yuji at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラジオ

2016年09月09日

あぽろんミュージックスクールFacebook



お世話になっている「あぽろんミュージックスクール」のFacebookに文章を寄稿しました。
中富良野に住んでいた頃ヒグマが出た話です。(こちらをクリックして下さい、ログインしなくても閲覧可能です)

Facebookに掲載されている青い屋根の家に住んでいたのですが、

「水道無し」「ガスなし」「電気は使い放題」の6LDK

というなんともいやはやな物件でした。

大家さんも面白い方で、牛舎で烏骨鶏やエゾシカを飼ったりと型破りな農家さん。
数年前にヤフーニュースで新しい農業について特集されていたのを見てびっくりした事もあります。


飼っていたエゾシカ

deer.JPG


家中隙間だらけで寝酒に飲んでいたウイスキーの水割りが朝起きるとロックに変わっていたり、過酷でしたがホントに面白い経験をさせて頂いた家でした。

いやはや懐かしいぞ!!若さって凄いぞ!!

タグ:あぽろん
posted by yuji at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース方丈記

2016年09月05日

新潟市の老舗寿司屋「寿司安」



いきつけの老舗寿司屋「寿司安」さんがJR東日本の寝台列車TRAIN SUITE 四季島の最終日昼食を担当すると知りびっくり!!

スクリーンショット 2016-07-29 21.16.00.png
(クリックで拡大します)

トランスイート四季島とはJR東日本が運行する周遊型臨時寝台列車で、デラックススイートルーム3泊4日だと1室2人で190万円!!1番お安いお部屋でも150万円と大変高額。

こんな大舞台でお寿司を握るお店がいきつけだなんて、なんだか僕まで偉くなった気がします。ただお寿司を食べただけなのにナニこのスゴい勘違いっぷり。

このクラスのお寿司屋さんだとかなりお高いのでは??と思われる方も多いでしょうが、音楽家&音楽講師の僕が通える位リーズナブルな価格で本格江戸前寿司を楽しめるお寿司屋さんです。

寿司安は養殖冷凍一切不使用の天然物Onlyのお店。
週末は予約なしで入店は難しい人気店なので本当は紹介したくないのですが・・・・


こんなお店です。

IMG_1292.jpg



お通し

IMG_1255.jpg

キンピラはちょっと箸つけた後の写真でゴメンなさい、サンマの刺身は大将から枝豆は若からサービスして頂きました。
これだけで1合は飲めちゃいます。


おまかせのお刺身

IMG_1259.jpg

1人前でこんなに豪華!!
サザエ、ブリ、イカ、ハチメ?だったかの4点盛りをわさび醤油で。



別の日に注文した贅沢2人前だとさらに豪華!!

IMG_2618.jpg

鯵、中とろ、ホタテ、イワシ、青柳、マグロの中落ち、ホウボウの7点盛り!!しかも全部天然物!!
あの・・・たぶんオマケして頂いてると思います・・・

お酒を3合ほど頂きお寿司へ



寿司は「新潟の地魚にウニ・トロ・イクラが入った厳選特上にぎり10カン 」の極みがオススメ。

極みは新潟県内の色々な店で提供していますが、正直店舗によって品質のバラツキがあります。中には回転寿司と同等ランクのお店もあるとかないとか・・・

寿司安のは天然物だけを使用という大変贅沢な極みです。


卵焼きからスタート

IMG_1265.jpg


ほうぼう

IMG_1266.jpg

カナガシラ醤油で頂きます。
寿司安のお寿司は"仕事"がしてあるのでお醤油は必要ありません。


すずきはちめ 

IMG_1269.jpg

すずきはかんずり下ろし、はちめは塩ポン酢で。


真鯛

IMG_1273.jpg

松川造りに梅肉を乗せて塩で頂きました。


づけマグロ

IMG_1274.jpg


いさき

IMG_1279.jpg

確か塩ポン酢だった気がします。ちなみに塩ポン酢も既製品ではなく若の手作りです。


なんばんえび

IMG_1281.jpg

特製のえび醤油で頂きます。
聞くところによるとこのお醤油、かなりお高いとか。

トローリ

IMG_1282.jpg


いくら

IMG_1285.jpg

こちらは醤油漬け、海苔は有明産。


うに

IMG_1286.jpg

海苔を使わないタイプ。塩かタレのどちらか選べます。


大トロ

IMG_1288.jpg

今日は霜降りの大トロで締めるパターン組み立て。
脂が乗りまくっているので、こんなにワサビが乗っているのに風味がスッと抜けるだけで辛くありません。


大変美味しゅうございました。
さて、ここでお会計。

1室190万円の寝台列車で最終日の昼食担当に選ばれる様なお寿司やさんですよ、創業80年の老舗ですよ、ネタはすべて天然物ですよ、養殖冷凍不使用ですよ。


お通し
お刺身1人前
お寿司10カン
お酒3合(和楽互尊)



以上のお会計額は・・・・なんと6000円代です!!

そりゃ予約しなきゃ入れない訳だよ。

週末夜はほぼ満席なので平日の夜がオススメ。
基本的にカウンターの大将ひとりで握るので、混雑している場合は注文から40分以上待つ事があります。その時はつまみを相手にゆっくり飲みながらお待ち下さい。

※仕入れ等の都合で同じ物を注文しても同じ価格なるとは限りませんのでご注意を。




新潟日報 2016/07/29 の記事より

豪華列車「四季島」に新潟のすし職人3人乗務「最高の味を」

 JR東日本が来年5月から運行する豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」の旅先で提供する食事の一つを、新潟市中央区のすし店3店が担当する。職人3人が交代で乗車し、握りたてを振る舞う。本県のすしをアピールする絶好の機会に、参加する職人たちは「責任を感じる。新潟の旬の食材を味わってもらいたい」と意気込む。

 3人は「せかい鮨」(沼垂東4)の吉沢俊哉さん(57)、「鮨・割烹 丸伊」(東堀通8)の横山範夫さん(70)、「寿司安」(本町通4)の山田藤市さん(69)。各店の他の職人が同乗することもある。

 四季島は、上野発で北海道や本県などを周遊する3泊4日コースと甲信地方などを巡る1泊2日コースがあり、乗客は車内や店で、旬の食材を使ったフレンチや郷土料理などを味わえる。本県のすし店は3泊4日コースで、最終日の昼食を担当する。

 四季島の料理はJR東のグループ企業「日本ホテル」(東京)の中村勝宏取締役統括名誉総料理長が監修。行程全体の料理のバランスや米どころであることから、本県通過時に車内ですしを出すことを決めた。メニューは各店で異なる。

 JR東と日本ホテルの社員が県内のすし店を視察し、3店に決めた。今後、各店がメニューを考えるが、いずれも本県産の旬の食材をふんだんに使う予定だ。

 吉沢さんは「新潟のすしをPRできる絶好のチャンス。また新潟に食べに来てもらえるよう頑張りたい」と語った。横山さんは「本県を代表する責任を感じる。印象に残るすしを提供したい」と話した。山田さんは「全ての食材にこだわる。江戸前の伝統を生かした技術で最高のすしを作る」と力を込めた。

タグ:寿司 寿司安
posted by yuji at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 食事

あぽろん新潟店 インストアコンサートVol.1

お世話になっているあぽろん新潟店でインストアライブを行います。

IMG_2613.jpg

日時 2016年9月22日 14:15開始
会場 あぽろん新潟店2F
料金 無料

出演 あぽろんミュージックスクール生徒の皆様
   
   長谷川裕二 ギター・ウクレレ科講師
   山口孝弘  ベース科講師
   瀬賀恵美  ボーカル科講師


生徒さん中心の演奏になりますが、3人の講師演奏アンサンブルや僕のソロ演奏もあります。

おひまがある方はどうぞお越しやす。
posted by yuji at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ情報