2016年05月13日

エフェクトボードを作成



メインで使用していたBOSSのGT-10のボタン反応が怪しくなってきたので、おりゃ!!と決断し新エフェクトボードを作成しました。

IMG_0491.jpg
作成したエフェクトボード

BOSS製品が中心な理由は急に調子が悪くなった場合でも街の楽器屋に行けば代替品が必ず手にはいるから。

それにしてもエフェクターの技術進化は凄まじい。
私がギターを始めた80年代末はラックタイプが主流で、一通り揃えると小型冷蔵庫程の大きさになり重さも40kgクラスは当たり前だった。

IMG_0492.jpg
楽器屋さんの片隅に追いやられたラックエフェクト

当時のバンドマン(これも懐かしい言い方だ)は10Uラックを背負い、狭いレンタルスタジオの階段を上下していたのだから驚きだ。山頂の山小屋に荷物を届ける剛力修行も兼ねていたのか?

時代は変わりマイクロチップ開発などで、ラック3Uサイズ程あったDelayやReverbは手のひらサイズのコンパクトエフェクターが主流になりバンドマンは剛力修行から解放された。そもそも剛力修行とミュージシャン修行は兼ねていないけど。

ワタシGT-10解説DVDに出演しています。



編集と構成の渡辺さんに感謝です。
posted by yuji at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース方丈記