2017年07月18日

LondonでTajMoを観てきました 2

アマゾンを始めとするインターネット販売がなかった頃、CDの買い付けは宝探しをしている様だった。
私の場合はまずBluesのコーナーに突進、John HammondとMike Bloomfieldのコーナーでまだ未購入の盤がないか漁る。

そのあとは全体を見たのちにWorld Musicコーナーに移動、Bluesコーナーに置いていないTaj MahalのCDを探したらRockコーナーに移動してお気に入りのミュージシャンをチェック。ここまで入店から大体2時間程。

これを1日3店舗から5店舗繰り返し一度に大体10枚程のCDを購入。ドトールなどの安いチェーン系喫茶店でコーヒーをオーダーしタバコを吸いながら買ったばかりのCDをCDウォークマンで聴くのが最高の贅沢でした。

90年代半ばのBlues旋風のおかげでEric Clapton,Ry Cooder,Buddy Guy,Robert JR Lockwood,Otis Rush,Lowell Fulson, James Cotton,etc......沢山のBlues系ミュージシャンの来日公演も見ることが出来ました。

もし現代の様にインターネットで情報を手に入れる事が出来たなら、デビュー直後の1995年にKeb'moとBen Harperのジョイントライブを見逃すという屈辱的ミスもしなかったでしょう。90年代の情報収集はDeepな専門誌かイベンターからのハガキだったって信じられる?

上記の失敗もあったので、私はTaj Mahalの情報収集に細心の注意を払っていた。
だがしかし、Tajの来日情報は入ってこなかった。

つづく

スクリーンショット 2017-07-18 22.36.37.png
見てきました。





posted by yuji at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース方丈記