2012年01月28日

大東寿し

生ものが苦手な人以外で、お寿司が嫌いな人はいないでしょう。
大東島の島寿司である「大東寿し」を頂きました。


解説:大東寿し

南大東島は東京都八丈島の開拓翁、玉置半右衛門の有志23人により明治33年無人島から人間の居住区に変わり百年余。
大東すしは、島独特のもので、ネタをしょう油ベースにしたタレにつけて味をしみこませた後、にぎったもの。

サワラが主流らしい

simasusi_1.jpg


いわゆるズケの寿し

simasusi_2.jpg


わさびで食べるが、カラシの地方もあるそうだ。

simasusi_3.jpg

那覇の大東そばで頂きました、1個100円なり。


こちらは「大東祭り寿し」

離島では貴重だった卵を「今日は祭りだから派手に使うぞー!!おりゃー!!」てな感じで生まれた寿し。
こちらはJalの空弁、那覇空港で購入。
保安検査ゲート内の売店でしか販売されていないのでご注意を!!

simasusi_4.jpg

これはこれでおいしい。

simasusi_5.jpg


喜作乃島 大東まつり寿司 850円なり。

posted by yuji at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄 宮古島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53338322
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック