2012年07月02日

1988年の街並み

「夏子の酒」を読んでいたら長岡駅前を作画したコマが出て来ました。

「アコム」や「アイク」「純喫茶マロニエ」の看板や「大手口」の標識が読み取れます

nagaoka.jpg


1989年の6月が1刷なので、書かれたのは1988年頃だと推測。
今年が2012年なので24年前の長岡駅前の風景です。



当然行って来ました!!

2012年の長岡駅前

nagaoka_2.jpg

当時の看板はありません、アイクは倒産したし。


大手通には地下駐車場が作られ、駅前には屋根付き歩道橋がついこの前完成し、セゾンはココロに変わりました。


ビル近影

建物は変わっていない

nagaoka_3.jpg

KIRINと清酒吉乃川の看板は当時からあったと思いますが、酒を扱う物語なので描かれなかったと推測。


1988年なんてちょっと前の事位に思ってましたが、時間は経ったんだなー。



おまけ編 酒小屋

おそらく当時から、いゃ、もっと前から営業していると思われる居酒屋。
何時入っても閉まっていて、外観はごみ屋敷。
長岡市に通勤するようになって10年以上経ちますが、初めて営業しているのを見ました。

nagaoka_5.jpg

腰の曲がり方が凄いお客さんがいます。

参考資料:食べログ


残る謎は寿旅館だ。

【漫画の場所を訪れるの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56831369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック