2012年12月25日

ジンエアーソウル―那覇線初便

那覇空港沖止めエリアに、見慣れない機材を発見。

jinair_1.jpg


んんん?これは!!

jinair_3.jpg


ジンエアーのソウル―那覇線初便ではないか!!

jinair_2.jpg

先に目の正月をさせて頂きました。



琉球新報の記事

ソウルから満席 沖縄に初の海外LCC
2012年12月25日

ジンエアーのソウル―那覇線の初便で来県し、歓迎を受ける乗客ら=24日午後、那覇空港国際線ターミナル
 大韓航空100%子会社の格安航空会社(LCC)ジンエアー(ソウル、金載建最高経営責任者=CEO)は24日、韓国ソウル(仁川)―那覇線の定期便を就航させた。海外LCCの沖縄路線参入は初めて。初日の那覇行きの搭乗率は満席で、ソウル行きは73・8%。同日のソウルの最低気温はマイナス13度で、クリスマスイブを温暖な沖縄で過ごそうと、多くの観光客が沖縄を訪れた。

 同路線への定期便就航はアシアナ航空に続き2番目。ジンエアーとしてはソウル―札幌線に続き、日本国内2路線目となる。
 使用機材は座席数183人のB737―800で、1日1往復運航する。同路線の最低価格は、就航記念キャンペーン期間中は往復4900円だったが、今後は往復約2万円(税と燃油費別)で提供する。県によると、2011年度の韓国からの年間観光客数は前年比40・5%増の2万6千人。

 上原良幸副知事は那覇空港国際線ターミナルでの就航歓迎式で「沖縄には韓国の方に楽しんでいただける文化、料理、施設が多くあると確信している。お互いの交流が、さらに増えていくことを期待する」と述べた。

 ジンエアーの鄭鴻根常務は「沖縄は『東洋のハワイ』といわれる美しい場所。韓国でもプロ野球チームのキャンプやドラマの撮影場所として関心が高まっている。就航を通じてより多くの韓国人が沖縄を訪問することを期待する」とあいさつした。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-200680-storytopic-4.html
posted by yuji at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 飛行機
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61015655
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック