2014年04月24日

犬に糞をさせないで

※犬糞看板は犬糞看板専門ブログ犬糞看板研究室に移動しました。記2014.1.21



第8回犬糞看板発表、まずは業者作成看板からの発表です。

同じデザインで文章違いの看板をタマに見かけるますが、理由は看板の発注方法にありそうです。


犬糞看板の発注方法

1.テンプレートの中から希望のデザインを選択
2.用意した文章を書き込む

犬糞看板を業者に発注したことないので詳細は不明ですが、こんな感じで発注したんじゃないかな?

実例を紹介しましょう。


採取地 新潟県新発田市

IMG_3289.jpg


採取地 福岡県八女市

IMG_2839.jpg

同じでしょ。
日本全国から探し出す「犬糞看板神経衰弱」も楽しさのひとつです。


採取地 福岡県八女市

IMG_2825.jpg

「フンを持ち帰る」と「つなの着用」を呼びかける1粒で2度おいしい形式の看板。
福岡県内はこの手の"ダブルミーニング看板"がチョイチョイありました。



採取地 福岡県福岡市

IMG_2973.jpg

退色が進んでいるがこちらもダブルミーニング看板。
高級住宅街で採取



採取地 福岡県八女市

IMG_2838.jpg

ぬいぐるみ等で流行った"鼻デカ犬"が犬糞看板にも登場。
地面設置で犬目線の看板。



採取地 福岡県八女市

IMG_2843.jpg

こちらもダブルミーニング系、さらに巻きグソ付き。
犬糞看板に描かれている"フン"の形状はほぼ100%巻きグソである。
棒グソは確認出来たのは新潟市で見られる看板のみである。



採取地 福岡県八女市

IMG_2842.jpg

またも八女市の看板、八女市は犬糞看板の宝庫であった。
サクッと貼れる短冊シールの形状は初見である。



採取地 栃木県壬生町

IMG_3413.jpg

こちらもダブルミーニング系
特筆するのはメインキャラの顔。一見犬の様に見えるが、うさぎ様な耳が生えている位置が頭の裏側。
この動物のモデルはなんだろう?耳を取ると気持ち悪いサルにも見える。



採取地 福島県郡山市

IMG_3479.jpg

高速の休憩所ゴミ箱に設置されていた看板。
ペットが車内でしたフンをゴミ箱に捨てられてはたまらない、納得である。



採取地 北海道札幌市

IMG_6111.jpg

ダブルミーニングどころかフォースミーニングの看板、効率が良い看板である。
ここまで書いて"ダブルミーニング"の使い方が間違っている事に気付いたが、面倒だからこのまま使い続ける事にします。



ここからは文字のみの看板紹介です


採取地 新潟県新潟市

P1070937.jpg

可もなく不可もなくの町内作成もの、空いたスペースに巻きグソのひとつでも入れればいいのに。



採取地 北海道札幌市

IMG_6108.jpg

円山公園はこの手の警告が多数見られた。
積もった雪の中にフンを放置してゆく飼い主が多いと、雪解けが始まる春先はとんでもない事態になるのだ。


採取地 北海道札幌市

IMG_6109.jpg

確かにトリミングで発生した抜け毛も問題ありだろう。
円山公園はイロイロ大変だ。


採取地 北海道札幌市

IMG_6112.jpg

以前は神社内は犬の散歩の定番コースだったが、最近はペット入場禁止の神社が多くなってきた。
この看板が理由の全てを説明している。納得。



さて、ここからは個人作成のインディーズ系。
ホームセンターなどで購入した犬糞看板の使用が増えてきた現在、減少の一途を辿っている大変貴重なサンプルである。


採取地 福岡県八女市

IMG_2848.jpg

おそらく対象は人間だと思われるが紹介したかったので掲載。
"庭"の文字の上に書かれた電球の様なキャラクターは何だろう?


すぐ隣にももう一枚貼られていた

IMG_2849.jpg

"庭がくさくさい"ってナニ?上部の書き損じを消して新たに書くほど重要なのだろうか?




採取地 新潟県新潟市

s.jpg

行政作成の看板のそばに・・・



IMG_6461.jpg


置石で固定したインディーズ作品、さらに"願う"が"預(あずかる)"に似た誤字になっている。
まさに脱糞ものの素晴らしい作品である。


以上、犬糞看板報告でした。




タグ:犬糞看板
posted by yuji at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬糞看板

2014年03月16日

台湾の犬糞看板も同じスタイルだった

※犬糞看板は犬糞看板専門ブログ犬糞看板研究室に移動しました。記2014.1.21



2014年3月上旬に台湾の街を散歩していました。
短い滞在で見つけた「犬糞看板」は一枚だけ。


採取地 台北市

IMG_4730.JPG

中山あたりのオシャレタウンの公園で撮影した看板
小さい犬を2匹散歩しているおばちゃんが目立つ地域でした。



台湾は犬の放し飼いが普通なのかな?
雙城街の市場では首輪をつけた数頭の中型-大型犬がウロチョロしていました。


この犬はストリートビューにも登場しています

IMG_4731.JPG


この犬も飼い犬

IMG_4734.JPG


都市部を離れると「放し飼い犬」が野犬のようになっているらしいです。
以上、台湾の犬糞看板報告でした。








posted by yuji at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬糞看板

2013年11月25日

犬に糞をさせないで

※犬糞看板は犬糞看板専門ブログ犬糞看板研究室に移動しました。記2014.1.21



犬のフン禁止の殆どはデザイン会社が用意したテンプレートを使用し、必要であればコピーを変更するなどで作成されます。

たとえば(株)マークPIXTAあたりが有名らしいです。
リンク先のサンプル素材に見覚えがあるでしょ。

これらの看板も「ヘンなコピー」が付け加えられていたり大変興味深いのですが、やはり最強なのは・・・


インディーズ系看板です。


採取地 新潟市

IMG_1531.jpg

これぞ王道ブチ切れインディーズ系、「インターネット公開」まではわかるが

「Yotubeに飼い主の顔」
「アナタのカオミエル」

の二点は何故散文調になっているのかわからない。

また、駐車お断りの"駐車"の部分を意図して消した後、"""フン"を書き加えた意図も不明だ。

お断りだけを残し消す労力を考えれば、全部手書きの方が楽な気がする。

""に至ってはまったく理解不能だ、犬糞が毒だと言いたいのか?もしくは

「毒を撒いたぞ」の警告か?

もしそうであれば、家主が即逮捕されると思う。


別な壁は張られた看板

IMG_1537.jpg

「犬の糞は毒物です」と言い切っているが、犬の糞は「排泄物」だと思います。

あと、チョイたし付箋の「ビデオカメラ」ってなに?なんで最後まで書かないの?
今回はナニの看板消して使ったの?


IMG_1538.jpg

ネットで公開?」「カンシカメラ?」のチョイたしあり。
否定疑問文である必要性が理解出来ない。


採取地 新潟市

IMG_1869.jpg

犬のフンの後始末は、飼い主の手でして下さい

カワイイ犬と飼い主のイラストが描かれているが、スコップなどフンをつかむ物を手にしていない。
やはり、ここでしたフンは"飼い主の手"でしか処理は許されない様だ。


採取地 新潟市

IMG_1889.jpg

置くな?と、下を見たら・・・


IMG_1891.jpg

嫌がらせなのか?


以上、ひさびさの犬糞報告でした。












posted by yuji at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬糞看板