2017年07月24日

第30回新潟ジャズストリート Nobody Knows You When You're Down And Out

Eric Claptonのバージョンが有名なNobody Knows You When You're Down And Out
古くはBessie Smithのバージョンが有名ですね。

「お金がなくなったら誰も寄り付かなくなった」という実にBluesらしいテーマのこの歌を日本語に訳詞し歌い始めてからはや15年程経ちました。

「金持ちの没落」を平家物語の「おごれる者も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし」に重ね合わせの訳詞。
あいかわらず画質が悪いですが、3分弱の演奏を楽しんで頂けたらうれしいです。



posted by yuji at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース方丈記

2017年07月23日

第30回新潟ジャズストリート Double Trouble

いつか演奏してみたいと思っていたOtis Rushの名曲"Double Trouble"に挑戦しました。
Eric Claptonも70年代後半から演奏している曲ですね。

画質が悪い上に7分以上あるので最後まで見るのは大変でしょうが、なかなかの熱演なので是非とも見て頂きたい演奏です。



Vo.Gt 長谷川裕二 Bass 間瀬啓介 Dr 青木広大 Pf,Key 名古屋スリム






posted by yuji at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース方丈記

2017年07月21日

第30回新潟ジャズストリート Crossroad Blues

第30回新潟ジャズストリートも無事終了。
今回は新潟市が主催のイベント「Jazzとその周辺の音楽」にも出演させて頂きました。

Jazzではなくその周辺の方の代表でね。

久々に演奏したRobert Johnson風のCrossroad BluesをYoutubeにupしました。
資料用に録画した映像なので低画質なのはご勘弁を。



お好きな方は是非ご観覧下さいませ。
posted by yuji at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ブルース方丈記