2015年08月30日

ニイガタPOWER!2015の録音に参加しました

新潟在住の作曲家A.U.さんにお声がけ頂き、UX新潟テレビ21内の番組テーマ曲の録音に参加しました。

新潟自慢HP 下の動画の音楽が参加した楽曲です。




時代が変わったと感じたのは、録音データーをネット経由で頂き自分のパートを録音し送り返すスタイルのレコーディングだったこと。


1999年にNTTがSMAP 未来のレコーディング篇 60秒を公開した際には、



けっ!!こんなレコーディングあるわけねーじゃねーか!!



と、失笑したモノですが、まさか16年後に自宅録音した音源がテレビで放送されるとは・・・

中学1年の頃、英語の先生が大嫌いで「外国には行かないから英語なんて必要ない」と主張していたのに、大人になった私はチョイチョイ外国に出かけています。

また、「絶対犬派」だったのに現在は猫の蘭丸君を溺愛しています。犬も好きだけど。


どうやら私の絶対は逆ベクトルに進むという予言の様です。
原発も絶対安心だと思っていたし。


この公式に則り宝くじを買ってみようと思いましたが、おそらくダメでしょう。
だって、「もし当たったら・・」をすでに考えてしまったので。






posted by yuji at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2015年05月23日

Gibson L-5 CESがやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!

技術の粋を集めたアーチドトップギター Gibson L-5 CES。
ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)をはじめとして、多くのジャズギタリストに愛用されてきた名器。
エリック・クラプトン(Eric Clapton)も2001年のTourで使用していたギター。

いつかL-5 CESを弾けるようなギタリストになりたい

と、夢見ていましたが、その「いつか」がやってきました。

Gibson L-5 CESがやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!

DS02796037.jpg

この醸し出す気品は何なのでしょう?


威厳あるヘッド

DS02796037_5.jpg


ナチュラルエイジドのピックアップ

DS02796037_2.jpg

WesやClaptonの使用するスペックとは異なりますが、そんなのまったく関係なし。

音色はいままで使用していたES-175より「線が細い」印象を受けました。
チューブアンプで軽くドライブさせて使ったら面白そう。

なかなか言うことを聞いてくれないギターになりそうですが、ゆっくりおつきあいしていきます。


ちなみに表題の参考にした映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ! 」の原題は「A Hard Day's Night」なのに、なんでこんな意訳になったのか納得いかなかったが、訳者が水野晴郎だと知りなんだか妙に納得。
wiki情報だから真偽は不明だけど。




posted by yuji at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター

2013年06月03日

SoundCloud

SoundCloudに登録しました。

試しに2曲アップしましたが、全部英語で読み進めるのが大変です。

Dark Was the Night
https://soundcloud.com/yuji-hasegawa-2/dark-was-the-night

The Main Theme Of Touch (アニメ,タッチのテーマ)
https://soundcloud.com/yuji-hasegawa-2/the-main-theme-of-touch

これからもチョコチョコアップしますので、見捨てないで下さいね。

posted by yuji at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギター