2013年07月15日

マリンピア日本海リニューアルオープン

リニューアルのため昨年9月にクローズしたマリンピア日本海。
2013年の海の日にリニューアルオープンしました。


周辺道路は大渋滞

IMG_0455.jpg

しばらくは車での来館は避けた方が無難です。
バスレンタル自転車での来館をオススメします。


開館10分前で大行列

IMG_0467.jpg

事前にチケットを購入した方の列と、これから購入の列に分かれて並びます。
こちらは事前購入した列。

最後尾は敷地の外。

IMG_0463.jpg


開館から30分後、ようやく入り口が見える。

IMG_0472.jpg


中は報道陣だらけ

P1040687.JPG

大半が家族連れかカップル

IMG_0523.jpg

わずかに中学生同士

P1040711.JPG

男子一人は私だけでした。



アクアマリン福島から届いたお花。

IMG_0561.jpg



大混雑の館内

P1040715.JPG

大水槽前にあった水槽とクラゲの水槽が大きく変わりました。

P1040720.JPG

P1040712.JPG

他も水槽の位置は同じですが、展示内容が大きく変わっています。


以前は入り口付近にいたチョウザメは後方に移動。

P1040719.JPG


信濃川展示

P1040721.JPG

ウケクチウグイも健在

P1040722.JPG


レストランの業者も変わりました。

IMG_0545.jpg


イルカプール側の売店も改装

P1040704.JPG


各所で話題になっていたコツメカワウソは、札幌サンピアザのメイと大阪海遊館のイブキのペア。

IMG_0484.jpg


イブキお帰り!! 初めましてメイちゃん!!

IMG_0506.jpg


売店は施設の外に新築されたので、入場券なしで購入出来る様になりました。

記念の紅白饅頭。

P1040853.JPG

年パス更新してまた行こう。

posted by yuji at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | マリンピア日本海

2012年09月09日

マリンピア日本海、改修前最後の営業日

2012年8月31日をもって、改修の為休館に入るマリンピア日本海
年間パスポートを所持しているのを良いことに、2週間に1回以上のペースで通っていた施設です。

最終営業日に行ってきました。


最終日は混み合う

閉館30分前でも結構人がいる

maIMG_3586.jpg

日本海大水槽前

このチューブはそのまま残るそうです

maIMG_3575.jpg



亜熱帯魚の展示はいつも人気があります

maIMG_3580.jpg

こんなのが泳いでいる

maIMG_3582.jpg


コツメカワウソ

いぶき&ごぼうのコツメカワウソは、レンタル元の海遊館に返ってしまいます。

ごぼう

8月に入り「ガラス踊り」というヘンな芸を披露するようになりました。

maIMG_3648.jpg


いぶきはヒト暴れした後、この場所でジッとしている事が多かった。

maIMG_3658.jpg


ごぼちん、地面にキッス。

maIMG_3675.jpg

マリンピアのカワウソの写真はカシワヤさんのHPでどうぞ。



海獣を除いたほとんどの魚が、いったん他所の水族館に移されるそうです。

居残りの海獣くん

maIMG_3714.jpg

たぶんペンギンも居残り組。

maIMG_3742.jpg



チョウザメ

地震の被害にあったアクアマリン福島のチョウザメが、一時避難していたこともありました。
この水槽の前でノートPCを開き、楽譜やメールを書き、電波の入る1F売店付近で送信するのが、私のマリンピアでの主な過ごし方、たぶん間違った水族館の使い方だったと思う。

maIMG_3718.jpg

Softbank,EMOBILEは施設のほとんどの場所でwi-fi圏外でした。
リニューアルの際に是非とも改善して頂きたい所です。

キミ、結構かわいいんだよね。

maIMG_3723.jpg



閉店叩き売り!!

閉店に付き物なのが叩き売り!!
最終日の売店模様を報告です。

柿の種、お菓子などのコーナー

たっぷり余っていましたが・・・

maIMG_3739.jpg

在庫は本店へ移動のようです。

maIMG_3737.jpg


グッズ関係

閉店気分を煽り、在庫一掃をもくろんでいます。

ドルフィンバルーン630円

maIMG_3594.jpg

高いのか安いのかよくわからない・・・。

こちらもダンピング

700円前後の品物が350円は安いね!!

maIMG_3595.jpg

他の商品の値段は変わらず。
また来年、定価で販売していると思われます。


外には業者の車が沢山止まっていました。

maIMG_3749.jpg

一年近くのお別れか・・・


またね、マリンピア日本海。

maIMG_3744.jpg


改装後のイメージ図

niigata_kaisou.jpg

アプローチ棟と屋外展示「にいがたフィールド」が、マリンピア日本海の新たな顔として加わるそうです。

参考リンク 市報にいがた 平成24年8月19日 2373号 1面




2012.8.24 産経ニュース

海や川の生物と身近に触れ合えることで人気の新潟市水族館マリンピア日本海(中央区)が改修工事のため今月末で営業を一時休止し、9月1日から長期休館となる。開業から22年が過ぎて目立つ老朽化を解消するとともに、アシカやペンギンを目の前で見られるパフォーマンス広場(仮称)などを新設し、平成25年7月中旬のリニューアルオープンを目指す。同館は26日に子供たちにオリジナルグッズのプレゼント(数量限定)を企画するなど、休館前の思い出づくりを呼びかけている。

 同館は平成2年7月に開館。約450種、2万点の水生生物を飼育・展示し、イルカショーなどが人気を集めた。しかし、海からの潮風を受け、海水も大量に扱うため電気系施設やポンプがさびなどで老朽化。近年は東北や関東圏などで水族館の新設、リニューアルが続き、新たな魅力の創造が迫られていた。

 今回のリニューアルは本館前のバスロータリーと遊びの広場に代わり、新潟の水辺の特徴である砂丘湖や田んぼ、ため池などを再現した「にいがたフィールド」を設置。アプローチ棟を新設して券売入り口を設け、館内2カ所の土産物コーナーを統合して移す。日本海大水槽を始め、基本的な水槽や展示プールはメンテナンスをした上で、擬岩の配置などレイアウトを新たにし、個別水槽も黒潮から対馬海流を経て、世界にすむ魚類の順で展示をしていく。

 トドなどがいるマリンサファリとイルカショーのスタンドは連絡通路で直結、エレベーターも2基増設し、高齢者らが快適に見学できるようにした。子供たちには見にくかったマリンサファリのコンクリート柵はガラス製に変え、見やすくする。

 パフォーマンス広場はマリンサファリとペンギン島のわきの2カ所に期日限定で設置。飼育員に連れられたアシカやペンギンが同広場まで歩いてきて柵に入り、飼育員が特徴などを解説、入館者の目の前でパフォーマンスを披露する予定だ。

 工事期間中は現在飼育している生物の多くを他の水族館などに一時預かりしてもらうほか、イルカやトド、特殊な飼育環境が必要な一部の魚などは同館で飼育を続けることにしている。




posted by yuji at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マリンピア日本海

2012年06月06日

マリンピア日本海のバックヤードツアー

マリンピア日本海バックヤードツアーに参加してきました。


スタッフの方が丁寧に解説してくれます

annai.jpg


メイン展示の日本海大水槽

suisou.jpg


上から見るとこんな感じ

japan_sea_1.jpg


3種類のライトで太陽光を作り出します

japan_sea_2.jpg


人工波を作る機械

wave.jpg

実際の海では波がエサのプランクトンを運んでくるそうですが、水族館では個々にエサを与えるので、波が無くても飼育に問題がないそうです。(夜は止めます)


絶滅危惧種の繁殖

稚魚のえさになる微生物の繁殖水槽

esa.jpg


水槽の濾過装置

roka.jpg

各水槽に付いています。
ちなみに大水槽は11個使用しているとか。


飼育する生物によって水温は異なります

こちらは0度まで下げた海水を作る機械

cold.jpg

こっちはボイラー
これらを常温の海水と混ぜ合わせ、飼育に適した海水を作るそうです。

fire.jpg

ちなみに日本海大水槽の温度は常に21度に保たれています。


弱っている動物の保護も大切な仕事

こちらは日本海で保護された海がめ。
小さいヤツもいました。

kame.jpg

全工程で30分弱、平日はガラガラでオススメです。
posted by yuji at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | マリンピア日本海